Wellness & Nutrition

目に効くサプリを選ぶ【疲れた目を回復させたいなら摂取しよう】

目の健康維持

必要な栄養素

サプリメント

現代社会ではスマートフォンやパソコン、テレビを見るなど、朝から晩まで一日中目を使うことが非常に多くなっています。「ルテイン」は目の健康を維持するために必要不可欠な栄養素です。野菜や海草、お茶などに含まれており、特にほうれん草やケールといった緑黄色野菜に多く含まれています。目の眼底網膜や水晶体などの視覚機能に大切な役割をする部分に存在するルテインは、紫外線やスマホやパソコンから発せられるブルーライトなどの有害な光のダメージから守る働きをしてくれます。目だけでなく、酸化や紫外線から守ってくれる働きがあるので美肌効果も期待されます。たばこを吸ったり、紫外線を浴びたりすることなどの日常生活で体内のルテインは少しずつ消費されていきます。そのため、継続して摂取することを気をつけなければいけません。1日に必要なルテインの摂取量は6mgだと言われており、食べ物だけでこの6mgを摂取するのはとても無理があります。ですので目の健康を維持するためには食事だけでなく、健康補助食品やサプリメントを使うことで効率的に体内に取り入れることができます。いくら健康のためとはいえ摂取しすぎは良くないので商品パッケージを参考に適正な量を取るようにしましょう。酸化や光のダメージから守ってくれる「ルテイン」。加齢による目の病気にも効果があると言われていますので自分にあった方法で無理なく継続的に摂取するように心がけましょう。

疲れに効く頼もしい成分

ウーマン

現代社会は、目へのストレスが強い社会といわれています。今は視力に問題がなくても、目へのストレスがたまり続けると、年齢を重ねるにつれて視力が落ち、症状が悪化すると白内障や失明の原因にもなってしまいます。そんな目の疲れに効く頼もしい仲間が、ルテインです。ルテインとは、カロテノイドの一つです。カロテノイドとは、天然に存在する色素の一群で、トマトの赤色や花の色などが例として挙げられ、ルテインは黄色の色素になります。人間の体の中では、特に目に多く存在しており、その機能は紫外線やブルーライトのダメージを防ぐというものです。このルテインを摂取することで、目へのストレスを減らすことができ、目の機能を維持することができると期待されています。このルテインは、食品では緑黄色野菜に多く含まれています。特にほうれん草やパセリ、ケールには多く含まれており、100グラム食べることで、1日の必要量の6から10ミリグラムに足りるようになります。またパセリやケールを食べる機会が少ない人には、サプリメントも発売されているので、野菜が苦手な方も活用できます。ルテインは油と一緒に摂取すると、吸収率が良くなります。脂溶性という成分なので、ホウレン草などを調理する際は炒め物などにし、油と一緒に摂取するとより効率よく吸収してくれます。ルテインは、体内では作り出すことができませんので、食事などで毎日食べるように意識することが重要です。また、喫煙や運動不足などは脂肪の消化吸収を妨げ、ルテインの吸収も悪くなってしまいます。健康な身体作りも、目のためには食事と一緒に必要になります。

目に肌にと働く

婦人

パソコンやスマートフォン、何かと使うことが多いです。ネットでの情報収集やアプリのダウンロードなど利便性もとても高く、現代日本における重要なデバイスとなっています。普段の仕事でもパソコンやスマートフォンを使うことが多くなりました。一日中パソコン画面を見続けるという人も結構います。パソコンやスマートフォンの画面に光は目に多大な負担をかけます。そのため、何かしらで目を休ませなければ眼精疲労に繋がってしまいます。目に効く成分の一つがルテインです。ルテインを摂取することで目を休ませることができます。パソコンなどの液晶画面の光は目の網膜やその周辺の筋肉に影響を与えます。眼精疲労の原因も網膜周辺の筋肉が緊張することにあります。ルテインはその筋肉に蓄積された疲労を取り除いてくれ、目をリラックスさせてくれます。手軽に目の疲れが解消できることもあり、ルテインのサプリはとても人気です。ルテインには抗酸化作用もあり、美肌効果があることも注目されています。そのため、女性にも愛用者が多くいます。情報端末を頻繁に使う現代社会の強い味方になってくれるであろうルテイン、質も大事ですが費用も同じくらい大事です。ルテインの価格はばらつきがあります。安いところでは千円ほどですが、高いと1万円近くかかります。サプリは質の高い物ほど高額になりますが、無理をせず予算に見合ったものを購入することが大切です。比較サイトを参考にしてみましょう。費用や含有成分など検討に役立つ情報が多くあります。