Wellness & Nutrition

目に効くサプリを選ぶ【疲れた目を回復させたいなら摂取しよう】

年齢を重ねても元気に

加齢による不調

服用

年齢を重ねて体が不調をきたす原因の一つに更年期が挙げられます。更年期とは人それぞれ異なってきますが、おおよそ45歳から55歳の間といわれています。更年期の不調の元となるものは様々ありますが、一つはエストロゲンという物質によるものです。エストロゲンは40代の半ば頃から減少していくのですが、この現象が急激に起こるため体かついていけず不調に繋がっていきます。更年期における不調を更年期障害といいますが、症状も様々です。顔がほてったり乳房に痛みを感じたり、めまいやむくみ等、挙げたらきりありません。この中でもむくみに関して触れていきます。むくみとは血中の水分がたまってしまうことをいいます。むくみの原因の一つに冷えがあります。冷えることにより血の巡りが悪くなり、その影響でリンパの流れも悪化しむくみやすくなるという流れです。冷えが起きる原因は二つあります。一つはエストロゲンの減少により自律神経が乱れ、それに伴い血の巡りが悪くなってしまうということです。もう一つは更年期障害で筋力が低下し、熱を生成できない、ということが挙げられます。このように更年期障害はむくみを起こす要因をいくつも持っていますが、むくみに効果的なサプリというものがあります。種類も豊富で、むくみに特化したサプリもあります。持病があってサプリとの飲み合わせを心配される方は、製薬会社に相談窓口があるので、相談されるのも一つだと考えます。ぜひサプリをお試しください。

体の血流を促進する働き

レディ

40代を過ぎて更年期の時期に入ると、卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌量が低下してきます。加齢が原因で下半身の筋肉量も減少するため血流が悪くなってしまい、長時間のデスクワークや立ち仕事をしているとむくみやすくなります。日頃から適度な運動を行ったり、入浴後にマッサージを行うことも大事です。更年期の体の冷えやむくみが気になっている場合は、サプリメントで不足しがちな栄養素を補うことが大事です。体内に老廃物や水分が溜まっているとむくみの原因になるので、水分を排出する働きや体の血流が良くなる成分が含まれているサプリメントを選ぶ必要があります。サポニンの含有量が多い高麗人参や、田七人参などの薬草由来の商品もお勧めです。下半身の血流を改善する必要があるので、ビタミンEや鉄分、亜鉛などが含まれているサプリメントもお勧めです。40代を過ぎて更年期の時期になると、血液中の中性脂肪やコレステロール値が上昇しやすく、全身の血流が悪くなってしまいます。青魚に豊富に含まれている不飽和脂肪酸のDHAやEPAなどが含まれているサプリメントも、むくみを改善する効果が期待できます。更年期の時期になると女性ホルモンの分泌量が低下して、様々な体の不調を感じる人が多いですが、ホルモンバランスを整える働きのある大豆イソフラボンやザクロなどが含まれている商品も人気があります。むくみを放置するとセルライトができる原因になるので、サプリメントを役立てて下さい。

DHAとEPAの秘めた力

サプリメント

足などのむくみは更年期症状として多く見られますが、これは体内の余分な水分が、重力によって下肢にたまるのが原因です。そこで、むくみの更年期症状でお悩みなら、カリウムのサプリを利用しましょう。カリウムはスイカや冬瓜にも沢山含まれていますが、毎日手軽に摂取するなら健康食品が効率的です。また、むくみは塩分の取り過ぎでも発生しますから、日頃の食事ではお漬物や汁物といった塩分の多い物を控え、薄味を心掛けるのもよいでしょう。さらにカリウムはナトリウムバランスを整える働きも持っており、体内の余分な塩分排出にも一役買ってくれるのです。また、更年期症状のむくみでも、血行が悪い状態ではよりむくみやすくなるため、血液をサラサラにする健康食品も魅力的になります。血流の改善ではDHAとEPAが優れていますので、それらのサプリを積極的に摂るのもおすすめです。更年期障害はホルモンバランスが崩れることで起こるのは基礎知識として有名ですが、ホルモンの乱れは自律神経にも影響を及ぼし、そのことでもむくみを含む数々の更年期症状を招いています。そしてDHAとEPAは、血流を改善する作用のほか、乱れた自律神経を整える働きがあることも、優れた特徴になっているのです。ですから、カリウムのサプリと併せてDHAとEPAのサプリも摂りますと、自律神経の面からもむくみの改善が望めるうえ、そのほかの更年期症状の緩和にも取り組めるようになります。これらのサプリは、店頭だけでなくネット通販でも気軽に購入することが出来るので、健康維持に努めたい人は購入して服用しましょう。