Wellness & Nutrition

目に効くサプリを選ぶ【疲れた目を回復させたいなら摂取しよう】

特に女性の身体に良い物質

日本人は昔から知っていた

レディ

エクオールをご存知でしょうか。エクオールとは、近年発見され、話題となっている健康維持のためになる物質のことです。特に女性の身体には良い影響を与えると考えられています。耳慣れない言葉かもしれませんが、実は、エクオールは日本人が昔からなじんできたある食品と深い関わりを持っています。その食品とは、大豆です。大豆は、女性ホルモンの一種エストロゲンとよく似た働きをするイソフラボンという成分を含んでいます。これを摂取することにより、女性の身体を守ってくれるのです。また、若々しさの維持のためにも役に立つ食品であると、お聞きになったことがある方も多いでしょう。日本人は大豆や大豆製品をよく食べるので、あまり食べる習慣のない欧米人と比べて健康的な人が多いともいわれています。エクオールは、人が自らの体内で大豆イソフラボンから作る成分です。しかも、その健康効果はイソフラボンを上回るとされ、注目が集まっているのです。男性にとっても、ある種の癌の予防に効果があるといわれます。ただ、残念なことに、全ての人が大豆を食べただけでエクオールを作り出せるわけではありません。日本人や中国人では5割、大豆をそれほどよく食べない欧米人の場合は2割から3割ほどとされています。大豆を長い間食べてきた人達の方が、食べない人達よりもエクオールを作り出せる割合が高くなるのは確かなことのようです。やはり、日頃の食生活は健康維持のためには重要です。けれども、いきなり食生活を変えるのも難しいものなのが現実です。そのために、サプリメントなど、エクオールそのものを摂取することが可能な製品も作られています。

女性ホルモンに似た働き

服用

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの構造によく似ており女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。この大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼン」という成分が、腸内で代謝され変化したものをエクオールといいます。女性ホルモンのエストロゲンが足りない時に同じ効果をもたらすことができる成分の源が、エクオールです。そのため、更年期などの症状に高い効果があるといえます。ただし、このエクオールは作れる人と作れない人がいます。エクオールを作れる人は、腸内細菌の中にエクオール産生菌が存在し活発に働いている人です。その比率は、日本でも50%程度とされています。また、食生活の欧米化により日本においても若い年代層にエクオールを作り出せない人が増えています。20代では、20%程度の人しか作り出せないという結果が出ています。エクオールを作り出すことができない人の傾向として、更年期に起こるさまざまな症状が重く出ることです。大豆イソフラボンが更年期に良いからと、意識的に摂っていても症状が改善されないという人がいます。それは、エクオールが作り出せないことが原因です。まずは、エクオールを生成するために腸内の環境を整えエクオール産生菌を活動させることが大切です。それ以外にもサプリメントなどで摂取することができるので、利用するとよいでしょう。大豆製品を毎日とることが難しいという人にも、サプリメントの摂取で効率的に体内補給できるから便利です。

注目の成分

服用

ほてりや発汗、イライラや肩こりなど、いろいろな辛い症状に苦しむ女性の更年期障害の原因は、女性ホルモンの減少です。若い時は大量に分泌されていたエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が、五十歳前後を境に急激に減少します。この急激な減少により引き起こされる様々な症状が更年期障害です。更年期症状の緩和に対する効果が期待できるのが、女性ホルモン様作用を持つイソフラボンという大豆に含まれる成分です。イソフラボンはその構造がエストロゲンに似ているため、体内で女性ホルモンに似た働きをします。この大豆イソフラボンですが、その効果に個人差があることが近年の研究で明らかになりました。腸から吸収されるときに、イソフラボンをエクオールに変換して吸収したほうがエストロゲン活性が高くなります。しかし、エクオールに変えるには、ある特定の腸内細菌を持った人だけです。この腸内細菌であるエクオール産生菌が活動している人は日本人では約半分程度と言われています。自分がエクオールを作れるかどうかは尿検査でわかりますので気になる場合は実施している医療機関で検査を受けるといいでしょう。食品として大豆製品を摂取してエクオールを補給する場合、毎日、豆腐なら2/3丁、納豆であれば1パックを食べる必要があります。またエクオールをつくることができない体質の場合はサプリメントから直接補給するしか方法はありません。従来のイソフラボンサプリメントでは効果が実感できなかった方や、医療としてのホルモン補充療法には抵抗を感じる方は、エクオールを直接摂取できるサプリメントの利用を考えてみてはいかがでしょうか。